メタリックメタリックシリーズインクについて

Q:インクの特徴は?
A: 乾きが遅くて、粘り気のある油性インク。エンボスパウダーが使用できますが、赤や青のような普通色に比べるとパウダーがつきにくく、仕上がりも美しいとは言えず、あまりお勧めできません。メタリックの質感を最もよく引き出すには、押しただけが最適です。不透明なインクなので、濃い色の上に美しく発色します。カラーキスやニューウォーターカラーシリーズの中に含まれる、ゴールド・シルバーも、このインクと同じ性質です。

Q:使用可能な素材は?
A: 表面が滑らかで吸収性の良い紙。一般的に販売されている紙では、ケント紙・上質紙などと呼ばれる紙が最適。
和紙などでも、表面にあまり凹凸のないものならきれいに押すことができます。
ニス加工や塗装のされていない、目の細かい木材(ニス加工の塗装のある木材は、インクをはじいてしまうので押せません。)

Q:注意点は?
A:完全に乾いた後も、強くこすると多少色落ちする可能性があります。

Q:エンボスパウダーは使えますか?
A: 赤や青などの普通色のインクと比べると、パウダーのつきが悪いので、あまりお勧めはできません。メタリックカラーのインクは、押しただけの方が仕上がりがきれいです。

Q:色落ちが気になるのですが
A:インクの性質上、強くこすると色落ちする場合があります。気になるようでしたら、ポスターカラー用の定着スプレーをかけると、色落ちしにくくなります。